薄毛の発症部位を見ればagaがわかる

20代で発症することもある脱毛症がagaで、日本語では男性ホルモン型脱毛症と呼ばれています。agaが進行しても健康には影響しませんが、容姿に関係する問題のためメンタルを不安定にする可能性があります。髪が大きく減少することで、年齢より老けて見られるようになり、自分に自信を持てなくなる人もいるのです。agaは進行パターンをチェックすれば判断ができ、確実に判断するなら医療機関で検査を受ける必要がありますが、自己判断でも高確率でわかります。頭頂部から薄くなるO型、生え際から後退していくM型、前頭部が薄くなっていくU型があります。薄毛の部位が目立つのに対して、髪がほとんど減らない部位が存在するならばagaを疑いましょう。

抜け毛が以前よりも増えたらagaの可能性あり

髪の毛は成長、脱毛を繰り返しているので、毎日50~100本くらい抜けるのは自然です。夏から秋にかけては抜け毛が増える傾向があり、これは季節性の症状のため問題ありません。注意したい状況は季節を問わずに、100本を多く超える抜け毛が生じる場合です。また明らかに以前より抜け毛が多いと感じられる場合も、agaの可能性を考えてみましょう。

薄毛はゆっくりと進行する人だと、対策が遅れてしまうケースが多々あります。本格的に焦ったときには相当薄くなっており、治療が長期化するケースが認められています。健康で元気な髪を実現するためにも、月に1回は鏡に頭部全体を映すなどの対策をしましょう。洗面所で合わせ鏡にする、写真撮影をするなどの方法が現実的です。

agaを横浜で治療するなら、効果が出るまでに最短でも半年はかかりますので、通いやすいクリニックを選びましょう。皮膚科、専門クリニックや美容外科では、治療の特徴が異なることにも注意が必要です。