肥大する原因を確認しよう

外見の悩みは人それぞれ違いがありますが、普段は見えない部分でも気にしている人は少なくありません。特に女性器の悩みはデリケートです。形や大きさ、色などは個人差もありますが他人と比較するのも難しい部分です。形が悪い、黒ずんでいるなどの悩みを持つ人もいますが、実は本人が気にし過ぎているだけのこともあります。とはいえ、下着にこすれて痛い、尿の飛び方がおかしい、さらに不潔になりやすいなどの場合は治療も考えていきたいところです。小陰唇の大きさが悩みという人もいますが、肥大する原因はホルモンバランスの変化や加齢の影響、さらに出産が影響を与えている場合もあります。治療が必要な症例であるかどうかは医師に判断してもらうことになります。

治療をするメリットを知る

小陰唇縮小を希望するなら、婦人科形成に強い医療機関を選ぶことが大切です。美容クリニックも得意分野はそれぞれ違いがありますので、評判や実績はよく調べておきましょう。小陰唇縮小は余計な部分を切除し、その後に丁寧に縫合します。治療を受けるメリットは、まず見た目が良くなることがあげられます。左右差がある場合はそれをなくすこともできますし、色の濃い外側を切除しますので、黒ずみ解消にもつながります。さらに、余計な部分を切除することで恥垢がたまりにくくなり、清潔を保ちやすくなり、臭いを抑えられる効果も期待できます。手術後は抜糸が行われますが、自然に溶ける糸を使えば抜糸の必要はありません。

小陰唇縮小は、外陰部を医療用のメスや機器を使って理想的な形や大きさに変えられることから、美意識の高い女性を中心に注目が集まっています。