脂質や糖分が多いものの食べ過ぎに注意

agaは男性ホルモンのジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことで、どんどん薄毛が進行してしまう男性特有の薄毛です。遺伝など様々な要因がagaを発生させる要因になると言われています。できるだけagaのリスクを抑えたいのであれば、毎日の食生活にも注意が必要です。スナック菓子や揚げ物など脂質が多い食べ物、また砂糖をたっぷりと使った甘いお菓子などが好きでよく食べるという人はaga対策として食生活を見直す必要があります。

脂質や糖質の多い食べ物の摂り過ぎは、頭皮の血行を悪くする1つの原因となるようです。頭皮の血行が悪くなってしまうと髪を作るために必要な栄養素を毛根に行き渡らせることが難しくなり薄毛のリスクが高まります。日ごろから脂質・糖質の摂り過ぎが気になっている人は、大切な髪のためにも少し控えた方が良いでしょう。

アルコールの摂り過ぎにも注意しよう

毎日、お酒を飲むという人も多いかもしれませんがaga対策を考えるのであれば、アルコールの摂り過ぎにも注意が必要です。アルコールは肝臓で分解されますが、この時多くの栄養素がアルコールを分解するために使われます。髪を作るために必要な栄養素もアルコールの分解に使われてしまうため、薄毛を促進させてしまうリスクがアップするようです。またお酒を飲む時は揚げ物など脂質を多く含む食べ物も口にすることが多いので、さらに薄毛を招きやすい環境を作り出してしまいます。

さらにアルコールを分解した時に作られるアセトアルデヒドは、agaの原因となるジヒドロテストステロンを増やす作用があるとも言われているのでagaが気になるのであればアルコールはほどほどに留めましょう。

agaを千葉で検討する場合は体験プログラムに参加することが重要です。スタッフの対応や価格が重要な決め手となります。